top of page

ワーシーパーク・エステートがIWSCの2023年ラム生産者トロフィーを受賞。

更新日:2023年12月14日


この9月より取り扱いを開始したワーシーパーク・エステートがIWSCの2023年ラム生産者トロフィーを受賞。


以下

下記サイトより翻訳,抜粋


私たちは、リフレックス・ラベル・プラスがスポンサーを務めるIWSC2023ラム・プロデューサー・トロフィーを、ワーシー・パーク・エステートに授与できることを嬉しく思います。


1670年に設立されたワーシー・パークは、ジャマイカで最後の、そして唯一現存する単一農園生産者であり、ジャマイカ産糖蜜のみを使用し、自ら生産した糖蜜のみを使用する唯一のジャマイカ産ラム蒸溜所であり、ジャマイカ最大の砂糖生産者でもあります。彼らは家族経営、独立経営、そしてブランドにとって最も重要なジャマイカ人経営のままである。


私たちの審査員は、ワイン樽を持ち込んで二次熟成を実施したり、オン・トレードと緊密な関係を維持したりと、蒸溜所で行われている革新に非常に感銘を受けた。ワーシー・パークは、いかに市場のニーズに耳を傾け、そのギャップを埋めることを目指しているかを如実に示した。バーテンダーと協力することで、同蒸留所はバーが必要とする要求を満たす2つのラムを発売することができた。そのうちのひとつ、ワーシー・パーク109プルーフは、「ダーク・オーバープルーフ」のポットスティル・ラムで、審査員は「濃密で複雑なラムで、トレタクルとダークチョコレートの風味がたっぷり詰まっており、バランスの取れた柔らかいオークのタンニンと、非常に長く質感のあるフィニッシュに香ばしいレザーのニュアンスがある」と評価し、金賞と96点を授与した。

Kommentare


​その他の記事

bottom of page