ARDBEG 2000 20YO 亀田興毅スペシャルボトリングをリリースいたします


株式会社ラダーは、4月9日(金)正午より「ARDBEG 2000 20YO 亀田興毅スペシャルボトリング」をリリースいたします。

異才、類い希なる存在感。


アードベッグは1815年創業、世界で最もピーティーでスモーキーな風味と、 型にはまらない大胆な個性で世界に名を馳せる究極のアイラモルトとして知られている蒸溜所だ。


アードベッグがハイラム・ウォーカー社に所有されていた期間の1981年に生産が停止、 1989年に限定的に再開され、1996年後半まで少量生産が継続される。


1997年にはグレンモーレンジによって蒸留所が買収され(その後、2004年にLVMHに合併され)操業が再開、 1998年に漸くフル生産が再開となった。


今回の2000年蒸留は、アードベッグをこよなく愛飲している事で知られ、 日本人初プロボクシング世界三階級制覇を達成した 浪速乃闘拳・亀田興毅氏のためにボトリングされた特別な1樽だ。


また、2020年に引退を表明したミッキー・ヘッズの先代にあたる スチュアート・トムソンが責任者を務めていた頃に蒸溜された貴重な原酒でもある。



ARDBEG 2000 20YO Batch21

SPECIAL BOTTLING FOR KOKI KAMEDA


容量:500ml

度数:54.4%

価格:36,850円(税込)

限定本数:279 bottle


特設ページ:

https://ultimatespirits.jp/smartphone/page24.html









香り:

タール、救急箱、海藻、甘いお香、手入れ仕立ての牛革製品、煙草、麦芽由来のコーヒーの香り。


味わい:

ヨード、ディーゼルオイル、蜂蜜、乾燥茶葉、レモンの皮やアーモンドオイル、牡蠣のオイル漬け。


フィニッシュ:

樹脂、白檀の甘さとホワイトペッパー、ニガヨモギの苦みとオールドボトルのシャルトリューズ。


コメント:

薬品系とスモーク系の力強く落ち着いたピートの香り、オイリーで重厚、ワクシーなボディ感、薬草系ハーブのフィニッシュ。その香味と展開力に富んだアードベッグは1970年代後半蒸留の原酒の片鱗すら感じさせる1樽。類い希な存在感は亀田興毅氏の存在感に重なる程、異才を放つ極上の1本だ。


Tasting comment by 北梶 剛


2021年4月9日(金)正午より予約受付開始いたします。



亀田 興毅

KOKI KAMEDA


1986年大阪府大阪市出身

11歳の頃からボクシングを始める。

17歳の誕生日(2003年11月17日)にプロボクサーとなる。


2006年8月、WBAライトフライ級王座を獲得し、悲願の世界チャンピオンとなる。

2010年12月、WBA世界バンタム級王座決定戦で、日本人史上初となる三階級制覇を達成。

2015年10月16日、WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチを最後に、現役引退を発表した。



亀田氏の詳細なプロフィールは、公式ホームページをご覧ください。

http://kameda3150.com/talent/talent01.php


​その他の記事

  • Facebook
  • Instagram

© RUDDER All rights reserved 2017.

Mail: info@rudd.jp