ART SESSION CLASSIC第9弾「CAPERDONICH 1997 24YO」をリリースいたします


株式会社RUDDERは、アートセッション クラシックの第9弾として「CAPERDONICH 1997 24YO」をリリースいたします。


「ART SESSION」シリーズについて

私達がセレクトするウィスキー・スピリッツと過去・現在を問わず様々なアーティスト・アート作品とのコラボーレーション。それらを「Classic」、「Contemporary」にアプローチを分けシリーズ化したもの。


私達は常により良い原酒を探し求めます。またラベルにしてもしかり、その味わいに相応しい美しさや表現を大事にしてゆきたいと考えます。


 

悲劇的運命、幻となった1樽。


ART SESSION CLASSIC第9弾の原酒に選ばれたのは、1898年創業、グレングラントの第2蒸溜所として設立、創業直後にウィスキー市場の不況により3年目に早くも操業停止、半世紀後となる1965年に漸く再開するも、2003年に閉鎖、2011年には建物も完全に取り壊されてしまった閉鎖蒸溜所キャパドニックからカスクストレングス、シングルカスクの原酒。


グレングラントと同じ麦芽や仕込み水でありながら、そのスタイルはより優しく繊細でフルーティと評価されるも、悲劇的な運命を辿り幻となってしまった蒸溜所だ。


ふんだんな柑橘果実のフルーツフレイバーとフローラルな香味が24年の熟成により絶妙なバランスで展開する、フルーティなスペイサイド好きには堪らない1本ではないだろうか。


ラベルには同蒸溜所の創業年である1898年に、キャパドニック同様悲劇的に他界してしまった、ペン画の鬼才オーブリー・ヴィンセント・ビアズリーの作品を使用。失われた蒸溜所が生み出した、幻となりゆく味わいを堪能して欲しい。


 

Tasting comment by 北梶剛


香り:ハチミツ、革張りの家具、全粒粉ビスケット、ヒースの花やもみの木、白ワイン、後から徐々にマーマレードやアプリコットジャムの甘い香り。


味わい:バニラ、オークの甘さ、熟したオレンジ、レモンパイ、柚子シャーベット、柑橘皮の砂糖漬け、フルーツトマト、ややクリーミーでワクシーなボディ。


フィニッシュ:ピンクグレープフルーツ、キウイ、西洋わさび、インクや石灰。優しく長く続く。


コメント:ふんだんな柑橘果実のフルーツフレイバーとフローラルな香味の絶

妙なバランスは24年の熟成感がなせる業。優しく繊細で、フルーティなスペイ

サイド好きには堪らない1本ではないだろうか。


 

ART SESSION CLASSIC

CAPERDONICH 1997 24YO

BARREL #5880


容量:700ml

度数:56.9%

税抜価格:39,900円(税込43,890円)

限定本数:193 bottle


【特設ページ】

https://ultimatespirits.jp/smartphone/page70.html



8月5日(金)オンラインショップ予約開始となります

​その他の記事