JAPANESE ARTIST SELECTION 第2弾「アイルオブジュラ2008 13yo」を10月21日(金)正午より予約受付開始いたします。

更新日:10月19日


株式会社RUDDERでは、日本を代表する現代アーティスト12名をフィーチャした新シリーズ「JAPANESE ARTIST SELECTION」の第2弾として、横山奈美氏とのコラボレーションボトル「アイルオブジュラ2008 13yo」を10月21日(金)正午より予約受付開始いたします。


「JAPANESE ARTIST SELECTION 」とは


「JAPANESE ARTIST SELECTION 」は日本を代表する現代アーティスト12名をフィーチャしたシリーズ。


アートのセレクションには、主要な展覧会や海外のアートフェアを訪れ、国内の若手から大物アーティストまで幅広く現代アートの作品を収集、都内近郊のギャラリーや美術館情報を紹介する『GUIDE』の発行をする吉野誠一氏が監修。ウイスキーはRUDDER 北梶をアドバイザーとする。


日本を代表する現代アーティスト達が実際にテイスティングしてウイスキーをセレクト。現代において新たな価値を創造し、また異なる視点をするアーティストがどのようなウイスイキーを選ぶのか? ウイスキーの持つ五感表現、現代アートの創造性・価値の転換がどのようにリンクしていくのか?


新たなウイスキーの世界観創造にチャレンジしていく意欲的なシリーズ。


 

About "ISLE OF JURA 2008 aged 13 years"


Japanese Artist Selection 第二弾ウイスキーはアイルオブジュラ。1810年創業、アイラ島とアイラ海峡はさんで向かい合い、ヴァイキングの言葉で『鹿の島』を意味されていた。


小説など好きな方には、ジュラ島と聞くとジョージ・オーウェル“1984年”を思い浮かべ、またウイスキー好きで有名な村上春樹氏も“1984年”にインスパイヤーされ“1Q84”という作品を2009年に発表している。


第二弾アーティスト横山奈美氏がサンプリングの中から選んだ、ウイスキーは2008年蒸留、2022年ボトリングのジュラ。横山氏のネオンシリーズ<NEON - Shape of your words -> によって新しく生み出さた“2240” が今回のメインビジュアルとなる。


その作品は、言葉ではなく数字をつかったポートレート。言葉に意味が発生するように、数字というものにも意味が発生する。ただし、言葉より数字は曖昧。人それぞによって、そのもつ表現、捉え方が変わる。時間軸でも捉えられ、作品の意味するところは無限に広がる作品となる。


横山氏が選んだウイスキーをどのように感じ取って表現できるのか、ネオンシリーズのテーマである、“あなたの言葉のかたち”で表現してみてほしい。


 

ISLE OF JURA 2008 aged 13 years

“JAPANESE ARTIST SELECTION 02 ”

“ジャパニーズアーティストセレクション02”

アイルオブジュラ2008 aged 13 years


容量700ml

度数51.4%

税込価格24,200円(税抜22,000円)

⼊荷本数205 bottles


10月21日(金)正午より予約受付開始いたします。


【特設ページ】

https://ultimatespirits.jp/smartphone/page81.html/





Tasting comment by 北梶剛


香り: 潮風、金柑、アカシアの蜂蜜、乾燥茶葉、ヒースの花、奥から上がるミネラル感やチョーク。


味わい:ヨーグルトキャンディー、オレンジシェイク、青いトマト、後から花の蜜やメイプルシロップのコクのある甘さが現れる。


フィニッシュ:新生姜、ミルクをかけたコーンフレーク、麦芽の優しい甘さと、ココナッツや松の実のフローラルな香りがバランス良く長く続く。



 

ARTIST PROFILE

横山奈美


1986年岐阜県出身、2012年愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画版画領域修了。


消費され捨てられる物に光を当て、それを描く「最初の物体」シリーズ(2012~)や、ネオンをモチーフに、ガラス管や背後に存在する配電線、フレームまで克明に描く「ネオン」シリーズ(2016~)など、物を見て描くという行為を通し、私達や物に与えられた役割や制度を再考する。


主な個展に「誰もいない」(KENJI TAKI GALLERY 、2020年)、「アペルト10 横山奈美LOVEと私のメモリーズ」(金沢21世紀美術館、2019年)、主なグループ展に「反復と平和――日々、わたしを繰り返す」(ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、2022 年) 、「開館25周年記念コレクション展VISION Part 1光について/ 光をともして」(豊田市美術館、2020年)、「日産アートアワード2017 」(BankART Studio NYK 2F、2017年)などがある。


ギャラリーKENJI TAKI GALLERY URL https://www.kenjitaki.com/

作品画像:Photo by Hayato Wakabayashi


​その他の記事