SEEK THE ULTIMATE - GLENFARCLAS 1991


3月19日(金)正午より新作PB「SEEK THE ULTIMATE - GLENFARCLAS 1991」の予約受付開始いたします。


SEEK THE ULTIMATEとは


THE ULTIMATE SPIRITSを運営するスピリッツバイヤーが当初からテーマにしていた「究極を追求し続けること」。


過去300種を超えるシングルカスクのセレクトを行うためにテイスティングしてきたカスクサンプルの数は数千種類。その中で、最も「究極」のスタイルに近いと感 じる事ができた原酒に「Seek The Ultimate」というテーマを記しました。 変わらない伝統はそのままでありながらも、日々進化し続けるウィスキーの世界。 「究極」を追求する旅は終わらない。

Rancio Wine & Black Fruits

ランシオワインと黒果実。


「Seek The Ultimate」というテーマが記され、最も「究極」のスタイルに近いと感じる事ができた原酒。


第1弾のグレンファークラス1978に続く第2弾は、同じくグレンファークラスでありながらも

キャラクターの異なる約30年以上前の1991年に蒸留された

1stフィルシェリーカスク熟成の原酒。


近年、グレンファークラス蒸溜所では1stフィルシェリーカスクで熟成された

1990年代蒸留の原酒を購入する事が難しい状況である事からも、

現行ボトルで購入が可能な今最も注目すべき長期熟成原酒であると言えよう。


シェリー樽に求める濃厚な甘さや複雑な熟成感、飲み応えとバランス、

そして、滾滾と湧き出てくる多様なフレイバーと展開力。


まさに究極の1990年代シェリーカスクと言っても過言ではないだろう。


GLENFARCLAS 1991

1St FILL SHERRY BUTT#5694

SEEK THE ULTIMATE


39,996円(税込)




【特設ページはこちらから】


http://ultimatespirits.jp/smartphone/page23.html








香り:

熟したカシスやプルーン、ココア、樟脳やクローヴのスパイス、アンティークの家具、奥から感じられるのはランシオワインを彷彿させる熟成感のある甘さと凝縮感。


味わい:

サルタナレーズン、煮詰めたアプリコットやオレンジ、プラムとアメリカンチェリー、ミントをのせたチョコレートケーキ、ヘーゼルナッツからグレイヴィーソースへと変化する。


フィニッシュ:

ベリージャムの甘さを保ちながら、ドライオロロソシェリー、樽由来のタンニンと心地よい渋み、シナモンやアニスのスパイスが非常に長く続く。


コメント:

シェリー樽に求める濃厚な甘さや複雑な熟成感、飲み応えとバランス、そして、滾滾と湧き出てくる多様なフレイバーと展開力。まさに究極の1990年代シェリーカスクと言っても過言ではないだろう。


Tasting comment by 北梶 剛


3月19日(金)正午より予約受付開始いたします。

The reservation will begin from noon on 19th Friday.

​その他の記事